愛知県春日井市にて外壁塗装(破風板、軒桶)

愛知県春日井市にて外壁塗装(破風板、軒桶)

こんにちは!

株式会社ハウストゥーカラー、広報担当です。

本日は「愛知県春日井市にて屋根塗装(破風板、軒桶)」です。

破風板とは、、、

上記絵の通り、

破風板とは切妻屋根のケラバ(妻)部分に取り付ける板のことです。
ケラバとは切妻屋根の山形になっている(地面に対して傾いている)部位を示します。

破風板(はふいた)は住宅の耐風性能や耐火性能を高める重要な役割をもった建築構造材です。

破風板をつける役目としては、

①耐風性能の向上

台風などが発生した場合、風は様々な方向から吹き荒れます。
特に屋根瓦や軒天などは、下から吹き上げる風に弱い特徴があります。
破風板はそんな下からの強風を防止する役割を担っています。

②耐火性能の向上

住宅火災は下から上に延焼していきます。
防火性能が高い素材でできた破風板があるだけで、住宅の延焼はある程度、遮ることができます。

③壁面を保護する

雨漏りの原因になる箇所は屋根よりも壁からの方が多いです。
特にケラバ(妻)側は雨どいがないため、壁面の劣化が進行しやすい面です。
破風板があるだけで、雨による壁面保護が期待できます。

④意匠性の向上

屋根は垂木(たるき)や桁(けた)、母屋(もや)などの木材の構造材で支えられています。
これらの構造材を露出することは格好のいいことではありません。
破風板を取り付けることで、これらを隠すことができます。
意匠性が向上します。

の4つが大きく上挙げられます。

このように破風板はお家にとって重要な部位です。

この部分においてもしっかり塗装を行うことが、お家の経年劣化や雨漏り防止に繋がります。

 

またもう一箇所、

雨樋の塗装をしっかり行いました。

こちらも経年劣化等々の原因により、ここから破水してしまうことがあります。

塗装をすることによりそれを未然に防ぎます。

このような付帯塗装は平面ではないので、我々は非常に繊細に塗装を行うことを心掛けています!