M様邸(愛知県春日井市)縦桶の塗装2回目

M様邸(愛知県春日井市)縦桶の塗装2回目

こんにちは!

株式会社ハウストゥーカラー、広報担当です。

本日はM様邸の縦桶の二回目の塗装を行いました。

 

「縦桶」とは、「雨樋」の一部分の箇所を指し、

「雨樋」は外壁や屋根の雨水を排水する役割を持っており、「縦桶」とは主に縦に固定されている樋のことで、金具で固定されています。

 

そしてこの縦桶含む雨樋が劣化すると、穴があく、割れる、外れる、漏れるなどの症状が出ます。

ちなみにこうなると塗装で解決することはできません。

交換が必要となります。

 

そのため雨桶の塗装はあくまで「美観」が大きな目的です。

外壁、屋根がせっかくピカピカに塗り直しても雨桶が劣化していればそれだけで台無しです。

外壁、屋根工事と合わせて塗装するのが一般的です。

 

また、雨桶、縦桶の塗料は外壁、屋根に使用したものと同じランクの塗料を使用することが望ましいです。

もともと雨桶、縦桶は耐久性が高い材質で作られていますので、業者によってはそもそも塗装が必要ない、というところもあるかと思います。

ただ、わざわざそこだけ作業を省いて、そこだけ劣化しているのは少し不自然なのでハウストゥカラーでは塗装を進めています。

 

また上記に書きましたが、雨樋は塗装では修復が不可能なので、使用不可の場合は交換を提案します。

 

明日もしっかり塗装していきます!

冬が明けて塗装にとって良い季節になりつつあります。

春日井市で戸建ての塗装をお考えの方はぜひお問い合わせください!

お客様のお家にピッタリの塗料で誠心誠意塗装させて頂きます。