一宮市にて外壁塗装 H様邸 〜幕板サビ止め、ガスケットプライマー、軒天塗装、外壁下塗り〜

一宮市にて外壁塗装 H様邸 〜幕板サビ止め、ガスケットプライマー、軒天塗装、外壁下塗り〜

こんにちは
ハウストゥカラー、広報担当です。
先日より一宮市のH様邸にて行っている外壁塗装工事の施工の様子です。

先日までに、屋根棟板金塗装・養生が完了しております。
本日は、幕板サビ止め、ガスケットプライマー、軒天塗装、外壁下塗りを行います。

施工中の様子です。

まず、幕板のサビ止めです。

続いて、ガスケットにプライマーを塗っていきます。
ハウスメーカーが施工した外壁サイディングには、「ガスケット」と呼ばれる乾式の縦目地があります。
このガスケットは、専用のプライマー(下塗り)をしっかり塗っておかないと、ブリードと言われる黒ずみ現象が起きてしまいます。
外壁塗装後には隠れてしまう上、やらなくても綺麗にはなりますが、こういった細部にまでこだわってこそ職人です。
一切妥協を許しません。

同時に、軒天の下塗り、中塗りも進めていきます。

そして、外壁の下塗りを行っていきます。

ここ一宮市でも雨が続いており作業時間が限られてしまうので、2面ずつ施工を進めてます。
外壁塗装はしっかりと乾燥させてから次の工程に移る必要があるので、天候も考慮しながら慎重に施工を進めていきます。

引き続き現場の様子をお送りします。