春日井市にて内部木部塗装 Rマンション ~下塗り~

春日井市にて内部木部塗装 Rマンション ~下塗り~

こんにちは。

ハウストゥカラー、広報担当です。

先日より春日井市のRマンションにて内部木部塗装工事に着工しています。

本日は下塗りを行いました。施工の様子です。

          

木部は他の材料と比べて劣化が早いため、塗装メンテナンスは短い周期で行う必要があります。

そもそも木材が家の内装に使われる理由として、見た目の良さもありますが、「調質効果」の期待も持ち合わせています。

木は呼吸を行うため、部屋の湿度が高いと湿度を吸い取り、乾燥しているときは木に含まれている水分を吐き出します。

すごく優れた機能ですが、耐久性という観点からは少し弱点にもなりえます。

 

上述した調質効果により、木部は膨張、収縮を繰り返すためそれだけ変化による負担が生じます。

それと同時に塗膜が少しずつひび割れや剥がれが生じます。

 

木部はお部屋を穏やかな雰囲気にしてくれますが、他の材料と同様にデメリットもあります。

それらを踏まえた上でも、やはり最近の住宅にも木を使うのは人気ですので、これからも使われ続けるでしょう。

しっかりと定期的にメンテナンスを行うことで強固な耐久性は作れますので是非適正な周期で行うことをおすすめします。

引き続き現場の様子をお送りします。