愛知県春日井市にて 外壁塗装

愛知県春日井市にて 外壁塗装

先日、春日井市にて行った外壁塗装の様子をお届けします。

 

<施工の様子>

 

シーリングとは、写真に見えるように建物の壁の継ぎ目にあるゴムのように打設してあるもののことです。

シーリングは防水の役割を果たしています。
このシーリングがダメになった状態を放置しておくと、シーリング部分から徐々に建物内部に水が回り、

壁の下地などを腐らせてしまって、最悪の場合、下地をやり直して壁を張り替えるということになってしまいます。

シーリングは新築時に打設しますが、大体の場合は10年耐久のシーリング剤を使用しています。
そのうえ新築時はシーリングの上に塗装がされていないため、

紫外線等の影響を受けやすく10年も持たないということがあります。

そのため、築10年~13年までにはシーリングを打ち換えるということが多くのお家では必要となります。

 

 

 

軒天とは付帯部と呼ばれる住宅の付属物に当たる箇所のことで、

住宅を見上げた際に外壁から外側に突き出している屋根部分の裏を指します。

雨水が流れていく屋根の端を軒先(のきさき)と呼ぶためその軒の裏の天井を指しますが、

バルコニー・ベランダの裏側も同様に軒天と呼ばれます。

軒天には、美観性の向上・雨水や日差しによる外壁の劣化防止・延焼防止・屋根裏の換気といった役割があり、

お家にとってとても大事な存在です。

経年劣化により木材が剥がれてしまっている場合には取り替えが必要ですが、

まだそのような状態になっていない場合は塗装によって劣化を防ぐことができます。

軒天塗装には主に、耐水性・通気性・防カビ・染み止め効果に優れた塗料を使用します。

 

いよいよ塗装作業に入ります。

 

 

屋根・外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本になります。

下塗りは下地強化剤を塗り、上に塗る塗料の密着力を高め、長持ちさせるために行います。

そして中塗りは上塗り材の補強や平滑な下地を作ることが目的です。

上塗りは仕上げであり、見た目と塗料の最終的な持ちを左右する工程。

耐久性を確保するため、仕上げ塗料は2回塗るのが基本なのです。

 

 

続いて付帯部の塗装に入ります。

 

 

付帯部は、屋根や外壁と比べると塗装の重要度は低くなるかもしれません。

では、付帯部の塗装の必要性とはなんでしょうか?

単刀直入に申し上げますと、「家の寿命を延ばす」ために必要なのです。

付帯部は、素材が木製やビニール製など様々ですが、塗装することで寿命を延ばすことにつながります。

太陽光の紫外線や熱、雨などで劣化した付帯部を交換するとなると、高額な費用がかかってしまいます。

反りや破断がある場合にはどうしても交換が必要になりますが、それ以外の場合は塗装し直すことによって安価ですみ、

家を長持ちさせることにつながるのです。

先程の軒天も同じく、塗装などのメンテナンスを時々してあげることで

高価な出費を抑えながらお住まいを長持ちさせることができるというわけです。

<施工前>

 

<施工後>

 

遠目では違いが分かりにくいかもしれませんが、見た目の美しさはしかり、

塗装をしたことによってお家の外壁の状態も格段によくなりました。

 

皆さんは、屋根・外壁塗装をする一番のメリットは何かご存知でしょうか?

一番初めに思い浮かぶのは「美観」だと思います。

色褪せてきた我が家の外壁や屋根を見ると塗装しなおしたくなりますよね。

ですが、塗装によるメリットは、見た目の美しさだけではないのです。

前半でも少しお伝えしましたが、実は、屋根・外壁塗装をする一番のメリットは防水機能の回復・向上

美観以外の塗装における機能的な側面のほとんどは「防水」につながります。

なぜ防水を徹底しなければならないのかというと、

水は木材や鉄筋など家造りに使われるもの全てを劣化させる、外壁・屋根にとってはとても恐ろしい物だからなのです。

ですので、屋根・外壁のメンテナンスはお住まいを長持ちさせるためにとても重要です。

建物の屋根・外壁に合ったメンテナンスを定期的にしてあげることをおすすめいたします。