春日井市近郊で外壁塗装・屋根塗装業者をお探しなら一戸建て住宅専門の塗装店、ハウストゥカラーにお任せください!
職人直営店・完全自社施工のため価格もリーズナブルに、それでいて大手メーカーよりワンランク上の塗装工事をご提供できます。
『笑顔をつくる会社でありたい』という信念のもと、地元愛知の地域の皆様へ塗装でたくさんの幸せをお届けしたい。
ハウストゥカラーは、そんな熱い想いを持った塗装の職人集団です。

  1.  ≫ 塗装の基礎知識
  2.  ≫ ラジカル塗料とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

塗装の基礎知識

ラジカル塗料とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

 

「塗装業者にラジカル塗料を勧められたけど、どんな塗料だろう?」

塗装工事をお考えの方で、このような疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ラジカル塗料とは、「ラジカル制御型の酸化チタンを使用した塗料」のこと。「ラジカル制御」とは、簡単に言うと塗料の耐候性を向上させる技術のことで、塗料にこだわっている塗装店やリフォーム店で取り扱われています。

今回は、ラジカル塗料の特徴やメリット・デメリット、人気塗料「シリコン塗料」との違いをご紹介いたします。

ラジカル塗料とはどのような塗料?

上記にも書きました通り、ラジカル塗料とは「ラジカル制御型の酸化チタンを使用した塗料」のこと。ここでは、ラジカルと酸化チタン、ラジカル制御についてご説明いたします。

「ラジカル」とは?

塗装用語における「ラジカル」とは、樹脂や顔料などの有機物を劣化させるエネルギーのことです。 塗料を調色する際に使用する酸化チタン(白色顔料)に紫外線が当たることでラジカルは発生します。このラジカルは塗料に含まれる樹脂や有機顔料にダメージを与え、劣化を促進させてしまうのです。

この影響により起こる劣化症状の一つに「チョーキング現象」が挙げられます。

「酸化チタン」の役割

酸化チタンは、外壁塗装で人気のホワイト系、クリーム系などを調色の際に必要な白色顔料に含まれています。また、下地の色を覆い隠す効果もあります。

この酸化チタンを使用しなければ淡彩色の塗料を作ることができないため、必要な顔料なのです。

ラジカル制御技術について

クリーム系やホワイト系の塗料を作るために必要な酸化チタンはラジカルが発生してしまい、チョーキング現象を起こしてしまうということが分かりました。では、この劣化症状を防ぐ耐候性の高い塗料はあるのでしょうか?

それが「ラジカル制御型の酸化チタン」と「光安定剤(HALS)」を使った「ラジカル制御型塗料」なのです。普通の酸化チタンとは違い、ラジカル制御型酸化チタンは酸化チタンに発生するラジカルを閉じ込めるバリア層を持ちます。樹脂や有機顔料にダメージを与えるラジカルを閉じ込めることができるため、塗料の耐候性を上げることができるというわけです。

また、耐候性をさらに上げるために光安定剤(HALS)を使用しています。この光安定剤は、ラジカル制御型酸化チタンのバリア層から万が一にラジカルが漏れてしまった際に、ラジカルを捕まえる働きをもちます。

ラジカル塗料の特徴

続いて、ラジカル塗料の特徴について解説します。

「チョーキング現象」に効果がある

外壁のチョーキング現象

上記に説明の通り、ラジカルが発生すると樹脂がダメージを受け塗膜が劣化します。塗膜の劣化が進行すると、外壁の表面に白い粉が出てくる「チョーキング現象」が発生します。

ラジカル塗料はこのチョーキング現象の原因となるラジカルの発生を抑え、塗料の耐候性を向上させ外壁の劣化を遅らせることができます。

濃色にラジカル制御効果は適用されない

先ほど、白色塗料にはラジカル発生の原因となる酸化チタンが含まれているという話をしました。そのため、白色が含まれない濃い色の塗料には、酸化チタンが含まれずラジカルが発生しないため耐候性に影響を与えません。

濃色塗料は主に樹脂によって耐候性を出しているため、耐候性の高い樹脂を選びましょう。

実績が少ない

ラジカル塗料が初めて販売されたのは2012年。年々人気を集めている塗料なのは確かですが、耐用年数はあくまでも想定されているもの。

現時点では実例があまりないことがデメリットですが、メーカーによっては保証が付くため安心して施工いただけます。

ラジカル塗料」と人気塗料「シリコン塗料」の違い

まず、一般的な水性塗料は「樹脂」「顔料」「水・添加物」で構成されています。この樹脂を「アクリル系・シリコン系・無機フッ素系」に変えることで、さまざまな種類の塗料が作られるというわけです。「顔料」は、塗料の色を決定します。
シリコン塗料とは、「シリコン樹脂」と「従来の酸化チタン」を使用した塗料です。

一方で、ラジカル塗料の場合は「樹脂(アクリル系・シリコン系・無機フッ素系など)」と「ラジカル制御型酸化チタン」を使用した塗料のこと。

つまり、「シリコン樹脂」や「無機フッ素樹脂」などの樹脂と「ラジカル制御型酸化チタン」を組み合わせたものが「ラジカル塗料」というわけですね。

耐候性の比較

上記の理由から、「ラジカルシリコン塗料」はラジカル制御型酸化チタンを使用しているため、「シリコン塗料」よりも高い耐候性があることが分かります。

塗料の耐候性を決定する樹脂ですが、【アクリル<ウレタン<シリコン<フッ素<無機フッ素<無機】の順で耐候性が高くなります。つまり、耐候性の良い塗料とは、耐候性の良い樹脂を使用している塗料というわけです。

価格の比較

「ラジカルシリコン塗料」は、ラジカル制御型酸化チタンを使用しているため一般的な「シリコン塗料」よりは費用が高くなります。
シリコン塗料の施工価格が1,800~3,500円/㎡なのに比べ、ラジカル塗料は約2,500円~3,400円/㎡です。
しかし、ラジカル塗料には高い耐候性があることから、耐用年数も長くなるためコストパフォーマンスには優れていると言えます。

ラジカル塗料はこんな人にオススメ

ラジカル塗料は

☑ 初期費用が少し高くなっても、良い塗料を使って耐用年数をあげたい方

☑ あまり変わらない見積額で「ラジカル塗料」「一般塗料」のどちらにするかお悩みの方

☑ クリーム系やホワイト系など淡彩色系の色で塗装をお考えの方

以上のような方におすすめの塗料です。

まとめ

ラジカル塗料とはどんな塗料かお分かりいただけましたでしょうか?

従来の塗料に比べ、ラジカル塗料には「ラジカル制御型酸化チタン」と「光安定剤」が組み込まれていることから、塗料の耐候性を向上させ耐用年数を長くすることができます。そのため、結果的に外壁の寿命も延びるという仕組みです。

とはいっても、ご自宅の外壁にどの塗料が合うのかさまざまな塗料の中からお悩みの方もいらっしゃると思います。

塗装工事でお悩みのことがありましたら、なんでもお気軽にハウストゥカラーにご相談くださいませ。

施工対応エリア

愛知県春日井市を中心に愛知県全域対応!

春日井市を中心に名古屋市・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・みよし市・あま市・長久手市・愛知郡東郷町・西春日井郡豊山町・丹羽郡・海部郡・知多郡・額田郡・北設楽郡

ハウストゥカラーの外壁塗装は春日井市を中心に愛知県全域対応可能

お問い合わせ

相見積もり大歓迎!
現地調査・お見積もりは無料!!

塗装工事に関することでハウストゥカラーに興味を持たれましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お客様に喜んで頂ける事を第一に、ご依頼頂いた塗装工事の一つ一つに真心を尽くします。

外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子プレゼント
春日井市での外壁塗装のLINEでの問い合わせ・カラーシミュレーション依頼はこちら 春日井市での外壁塗装の電話問い合わせ・ご相談は0800-222-2987 春日井市での外壁塗装のメール問い合わせは24時間受付中