春日井市近郊で外壁塗装・屋根塗装業者をお探しなら一戸建て住宅専門の塗装店、ハウストゥカラーにお任せください!
職人直営店・完全自社施工のため価格もリーズナブルに、それでいて大手メーカーよりワンランク上の塗装工事をご提供できます。
『笑顔をつくる会社でありたい』という信念のもと、地元愛知の地域の皆様へ塗装でたくさんの幸せをお届けしたい。
ハウストゥカラーは、そんな熱い想いを持った塗装の職人集団です。

  1.  ≫ 塗装の基礎知識
  2.  ≫ 鉄部塗装の必要性とサビ止め塗料について

塗装の基礎知識

鉄部塗装の必要性とサビ止め塗料について

皆さんのお住まいには、金属が使われている場所がありますか?ポストやベランダの手すり、門扉や雨戸など、お家には金属でできた箇所がさまざまあります。 これらの箇所には外壁塗装で使う外壁用の塗料ではなく、金属特有のサビを防ぐためのサビ止め塗料を塗らなければなりません。
サビ止め塗料とはサビを防ぐ効果のある塗料のこと。サビが発生すると見た目が悪くなるだけでなく建物の耐久性にも悪い影響を及ぼしてしまうため、このサビ止め塗料を塗って建物をサビから守らなければならないのです。

サビ

サビが発生する理由

通常、上にあげた箇所でも新築時は防錆塗料がしっかり施されているためサビは発生しません。塗膜がサビの発生原因である水や空気から鉄部を守ってくれているからです。しかしこの塗膜は外壁の塗膜と同様、経年劣化でひび割れなどを起こしてしまいます。そうすると鉄部が剥き出しになり、雨風に直接晒されサビが発生してしまうというわけです。
また、繁殖力のあるサビが発生してしまうと横広がり、そして鉄部細部への腐食が同時に進行してしまい、まだ塗膜が残っている部分の塗料も剥がれ落ちてしまったり、最悪の場合はその鉄部自体が少し衝撃を加えると曲がってしまうまでにダメージを与えてしまいます。

サビを抑える方法

では、鉄部のサビを抑えるにはどうすればよいのでしょうか?サビの対策方法を紹介いたします。

サビ止め塗料を塗る

サビ止め塗料は、すでにあるサビの進行を防ぐものではなく、これからサビを発生しにくくするといったサビ予防のための塗料です。鉄部には必須の塗料で、まだサビが発生していない場合は防錆塗料を塗ることでサビを抑制することができます。

酸でサビを洗う

すでにできてしまっているサビを除去する場合、酸でサビを洗うのが効果的です。酸を使い金属の表面に付着している酸化物を洗うための「脱サビ剤」があります。リン酸を主成分としたサビ専用の洗剤で、鉄と反応しリン酸塩となり皮膜をつくるため、防錆効果も期待できます。

酸素や水を遮断する

サビ止め塗料を塗るときにはサビを完全に除去することが大事です。しかし、場所によっては完全にサビを除去するのが難しいケースもあります。そのような場合、サビの上から塗装可能な素地調整補助剤を使用し、サビの進行を抑えることが可能です。
素地調整補助剤をサビに塗ると酸素や水を遮断することができます。つまり、金属の腐食を防ぐことができるというわけです。
メンテナンスをきちんと定期的におこないサビを発生させないことが理想ですが、発生してしまったサビの進行を抑えるためには素地調整補助剤を使用すると良いでしょう。

サビ止め塗料の種類

サビ止め塗料には、エポキシ樹脂タイプ油性タイプの2種類があります。
エポキシ樹脂タイプは、サビ止め効果及び密着性の高さが特徴の塗料です。ただし、紫外線や温度変化、雨水などの自然要因には弱く、この上に塗る上塗りの塗料で確実に保護する必要があります。
油性タイプは、エポキシ樹脂タイプよりもサビ止め効果は低く、その分耐候性は高いといった特徴があります。ですが鉄部が簡単に錆びてしまうと意味がないため、サビが発生しにくい雨風があまり当たりにくい部分に使う塗料として適しています。 よって、鉄部のサビを防ぐことを一番に考えるのであれば、エポキシ樹脂タイプのサビ止め塗料を使うのがよいでしょう。

通常、上記のようなサビ止め塗料は下塗りで使用します。塗装の基本として下塗り、中塗り、上塗りの三度塗りがありますが、鉄部などの付帯部は下塗り、上塗りの二度塗りで施工します。その下塗りにサビ止め塗料を塗り、上塗りには仕上げの色となる塗料を塗るというわけです。

鉄部の塗り替え時期

新築から初めて鉄部の塗り替えをご検討の場合、5年を目安に行うことをおすすめいたします。なぜなら、鉄でできた建材はアクリル塗料で塗装されていることが多いからです。アクリル塗料の寿命がおよそ5年程度のため、保護性能がなくなる5年を目安に塗り替えをしましょう。

二度目以降の塗り替えとなりますと、前回塗り替えで使った塗料の耐用年数がおおよその塗り替えの時期となります。フッ素塗料など、グレードの高い塗料を使うとそれだけ長い期間保つことができますが、安価な塗料の場合は頻繁な塗り替えが必要になります。

しかし、前回使用した塗料を覚えている人は少ないでしょう。そこで目安としていただきたいのが「チョーキング」と呼ばれる現象です。手で外壁を触った際、手に粉がついてしまったということはありませんか?これは劣化した塗料が粉になって表面に現れている現象なのです。少し粉がつく程度でしたら大丈夫ですが、手が真っ白になるほど粉がつくようでしたら塗り替えのタイミングだと言えるでしょう。

鉄部塗装を安く抑えるためには

鉄部の塗装には、表面のサビを落とすためのケレン作業など、下地処理にかかる費用と塗装・塗料の費用が必要です。このうち塗料は安い物を選ぶとその分費用も安くなりますが、そのような塗料は耐用年数も低く耐久性もあまり期待できません。つまり、それだけ頻繁に塗装をしなければいけなくなるためコストパフォーマンスは悪くなるということです。そのため、あまり安い塗料は選ばないことが塗装を安くおこなう方法の一つと言えます。
一方で、下地処理にかかる費用は工夫次第で安く抑えられる方法があります。塗装面の状態、つまりサビが酷ければ酷いほど下地処理にかかる手間や時間が多くなり、費用が高くなるのはいうまでもありません。ということは、サビが発生していない状態で塗装をすれば、下地処理の費用を最低限に抑えられるということ。
鉄部の劣化があまり進んでいない状態での適切なタイミングで塗り替えをすることで、結果的に塗装にかかる費用を抑えつつお住まいの健康を長く保てるということです。

施工対応エリア

愛知県春日井市を中心に愛知県全域対応!

春日井市を中心に名古屋市・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・みよし市・あま市・長久手市・愛知郡東郷町・西春日井郡豊山町・丹羽郡・海部郡・知多郡・額田郡・北設楽郡

ハウストゥカラーの外壁塗装は春日井市を中心に愛知県全域対応可能

お問い合わせ

相見積もり大歓迎!
現地調査・お見積もりは無料!!

塗装工事に関することでハウストゥカラーに興味を持たれましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お客様に喜んで頂ける事を第一に、ご依頼頂いた塗装工事の一つ一つに真心を尽くします。

外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子プレゼント
春日井市での外壁塗装のLINEでの問い合わせ・カラーシミュレーション依頼はこちら 春日井市での外壁塗装の電話問い合わせ・ご相談は0800-222-2987 春日井市での外壁塗装のメール問い合わせは24時間受付中