春日井市近郊で外壁塗装・屋根塗装業者をお探しなら一戸建て住宅専門の塗装店、ハウストゥカラーにお任せください!
職人直営店・完全自社施工のため価格もリーズナブルに、それでいて大手メーカーよりワンランク上の塗装工事をご提供できます。
『笑顔をつくる会社でありたい』という信念のもと、地元愛知の地域の皆様へ塗装でたくさんの幸せをお届けしたい。
ハウストゥカラーは、そんな熱い想いを持った塗装の職人集団です。

  1.  ≫ 塗装の基礎知識
  2.  ≫ 遮熱塗料の効果とは

塗装の基礎知識

遮熱塗料の効果とは

外壁塗装を行うときに使われる遮熱塗料にはどんな効果があるのでしょうか。遮熱塗料は、室内の温度が上昇することを防ぐ効果が期待できる塗料です。遮熱塗料について解説したこの記事を読んで、外壁塗装の塗料として、希望に沿う塗料なのか検討する材料にしてみてください。

遮熱塗料とは

遮熱塗料とは、太陽の光を反射する効果を利用して、室内の温度上昇を防ぐ塗料になります。正式には「高日射反射率塗料」といい、JIS K5675という工業規格で定められている塗料になります。
屋根や外壁に塗装することで、夏場の日射が多いときに太陽の光を跳ね返し、熱の吸収を抑制します。建物内部へ熱が侵入することを抑えるので、室内温度が上昇することを緩和できます。

遮熱塗料の効果

遮熱塗料は屋根面に塗装した場合、最大で15℃~20℃表面温度を下げる効果があります。建物の形状や立地条件、断熱性能などによって効果に差は出ますが、室内の温度をおよそ1℃~3℃下げることができます。一般的に室内温度を1℃下げると空調で使う電気代を約10%削減できます。遮熱塗料を使うことで省エネ化できます。

遮熱塗料と断熱塗料の違い

遮熱塗料と同じような効果を期待する塗料として断熱塗料があります。どのような違いがあるのでしょうか。
大きな違いは保温効果があるかないかということです。
遮熱塗料は、太陽の光を跳ね返して室内温度の上昇を抑えます。対して断熱塗料は、熱や冷気が室内に侵入することを防ぐ効果によって室内温度を保つ機能があります。熱伝導を抑える効果がある塗料が断熱塗料です。夏は涼しく、冬は暖かい室内環境をつくることが期待できます。高性能な塗料であるため当然のように価格が高くなります。
夏の暑さ対策だけでなく、冬の寒さ対策も合わせて検討されているようでしたら断熱塗料の採用を考えるのもよいでしょう。

メリットとデメリット

遮熱塗料のメリット・デメリットをみていきましょう。
効果とメリット・デメリットを知ったうえで、遮熱塗料を使うか判断するとよいのではないでしょうか。

メリット

遮熱塗料のメリットは以下の3つです。
・室内の温度上昇を抑えることができる
・電気代を削減できる
・熱による劣化を防ぐことができる
詳しくみていきましょう。

室内の温度上昇を抑えることができる

遮熱塗料は、太陽の光を跳ね返すことで、室内温度を快適に保つ効果があります。室内温度を1℃~3℃下げることができるので、体感温度は涼しく感じるようになります。遮熱塗料を使うことで快適に夏を過ごすことができるでしょう。

電気代を削減できる

遮熱塗料によって、室内温度を下げることができるので、冷房の使用頻度を下げて、電気代が削減できます。室内温度1℃下げると約10%の電気代が削減できるといわれるので、遮熱塗料を使うことで電気代を削減することができるでしょう。

熱による劣化を防ぐことができる

太陽の光を跳ね返す効果は、太陽の光から受ける熱による屋根や外壁の劣化を防ぐことにもつながります。直接影響を受ける屋根や外壁は劣化が進みやすく、耐用年数が短くなることがあります。遮熱塗料を使うことで、表面温度を下げることができるので熱による劣化を防ぐことができます。

デメリット

考えられるデメリットは以下の3つです。
・費用が高い
・冬場の保温効果がない
・表面が汚れると遮熱効果が下がる
以下に解説します。

費用が高い

遮熱塗料は、一般の塗料に比べて費用が高くなります。遮熱という効果を持っているのでコストが高くなるのは当然です。ただし最近では、以前に比べ費用の価格差はなくなってきており、住宅1件当たりでの価格差はほとんどないといっても差し支えありません。

冬場の保温効果がない

室内の温度を外に逃がさないようにする保温効果はありません。遮熱塗料を塗る目的は、太陽の光を跳ね返して室内温度の上昇を防ぐことです。太陽の光を跳ね返すので、冬には、室内が温まる妨げになる可能性もあります。寒い地域には不向きな塗料といえます。

表面が汚れると遮熱効果が下がる

遮熱塗料は、表面がきれいな状態であれば、しっかりと効果を発揮します。しかし経年による汚れや劣化によって効果が落ちてしまうデメリットがあります。高いところにある屋根は、簡単には洗浄できないので、汚れたときには太陽の光を跳ね返す効果が下がることを理解しておくようにしましょう。

遮熱塗料の選び方

遮熱塗料は、「日射反射率」と「汚れにくさ」に注目して選ぶようにしましょう。
日射反射率は、どのくらい太陽の光を跳ね返すことができるか数値化したものです。太陽の光を跳ね返して室内温度の上昇を抑えているので、日射反射率が高いほど遮熱効果が期待できます。
表面が汚れてしまうと遮熱効果がさがるので、汚れにくさも大切になります。汚れにくく耐用年数の長い塗料を選ぶことで長期間の遮熱効果を期待できます。

代表的な遮熱塗料の紹介

遮熱塗料といっても多くの種類があるため、ここでは代表的な3種類の遮熱塗料を紹介します。遮熱塗料を検討されている方は参考にしてください。

日新産業「ガイナ」

株式会社日新産業が製造する「ガイナ」は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同で行ったロケット開発の技術を応用して開発した遮熱塗料です。厳密にいうとガイナには断熱性能もあるため、断熱塗料にあたりますが、業者によっては遮熱塗料とよぶところもあります。断熱塗料として市場内で大きなシェアを獲得していて、価格面は高いですが、効果のあるよい塗料を選びたい方にはおすすめです。
日射反射率89.5% 耐用年数15~20年 設計単価\3,800/㎡

エスケー化研「クールタイト」

エスケー化研株式会社が製造する「クールタイト」は、遮熱性に加えて防汚性にも優れた遮熱塗料です。カビや藻の発生を防ぐ機能を持ち、カラーバリエーションが豊富なことも特徴なので好きな色で塗装した屋根や外壁をきれいに長く保ちたいという方におすすめです。
クールタイトFの場合
日射反射率80% 耐用年数8~10年 設計価格\4,700/㎡

日本ペイント「サーモアイ」

日本ペイント株式会社が製造する「サーモアイ」は、高い日射反射率をもつ遮熱塗料です。遮熱塗料の中でも選べるカラーバリエーションが豊富で、つやのある仕上がりは、見た目を美しく仕上げたい方におすすめです。ベースとなる樹脂によって耐用年数と価格が異なります。
サーモアイ4Fの場合
日射反射率91.0% 耐用年数12~15年 設計単価\6,040/㎡

夏の暑さ対策を考えられているのであれば遮熱塗料を使った外壁塗装は選択肢の一つです。

施工対応エリア

愛知県春日井市を中心に愛知県全域対応!

春日井市を中心に名古屋市・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・みよし市・あま市・長久手市・愛知郡東郷町・西春日井郡豊山町・丹羽郡・海部郡・知多郡・額田郡・北設楽郡

ハウストゥカラーの外壁塗装は春日井市を中心に愛知県全域対応可能

お問い合わせ

相見積もり大歓迎!
現地調査・お見積もりは無料!!

塗装工事に関することでハウストゥカラーに興味を持たれましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お客様に喜んで頂ける事を第一に、ご依頼頂いた塗装工事の一つ一つに真心を尽くします。

外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子プレゼント
春日井市での外壁塗装のLINEでの問い合わせ・カラーシミュレーション依頼はこちら 春日井市での外壁塗装の電話問い合わせ・ご相談は0800-222-2987 春日井市での外壁塗装のメール問い合わせは24時間受付中