春日井市近郊で外壁塗装・屋根塗装業者をお探しなら一戸建て住宅専門の塗装店、ハウストゥカラーにお任せください!
職人直営店・完全自社施工のため価格もリーズナブルに、それでいて大手メーカーよりワンランク上の塗装工事をご提供できます。
『笑顔をつくる会社でありたい』という信念のもと、地元愛知の地域の皆様へ塗装でたくさんの幸せをお届けしたい。
ハウストゥカラーは、そんな熱い想いを持った塗装の職人集団です。

  1.  ≫ 塗装の基礎知識
  2.  ≫ 外壁塗装の耐用年数は?劣化症状がある場合は要注意!

塗装の基礎知識

外壁塗装の耐用年数は?劣化症状がある場合は要注意!

「家を建ててからもう10年になるけど、そろそろ塗り替えた方がいいのかな…」

「外壁は塗り替えなきゃいけないと聞いたけど、塗り替え時期はいつだろう?」

マイホームをお持ちの方で、このようにお悩みの方もいらっしゃると思います。外壁塗装は適切なスパンで定期的に行うことでお家を長持ちさせてくれますが、耐用年数を超えてしまうと外壁に様々なダメージが加わり、いざ塗り替えを行う際に高額な費用がかかってしまうこともあるのです。そのため、外壁塗装を行うタイミングは10年に一度が適切と言われております。
ここでは、なぜ10年に一度外壁塗装を行うのか、その理由と塗装が必要なタイミングについて解説いたします。

塗装工事は決して安くありません。大切な我が家を長持ちさせるために事前に正しい知識を身につけ適切な塗装を行いましょう。

外壁は屋根と同様、常に自然にさらされているため雨風や紫外線の影響を受けやすい場所です。そのため、定期的なメンテナンスはお家を長持ちさせるために必須。ですが、塗装を行うタイミングをご存知でない方も多くいらっしゃると思います。

外壁塗装をするメリット

外壁塗装を行う適切な時期は、一般的に10年に1度が目安です。
家を建ててから、あるいは前回の塗装から10年経ってから塗り替えをすることでお家の状態を長く良く保つことができます。

では、外壁塗装をするメリットとは一体なんでしょうか?2点ご紹介いたします。

①建物の美観性を上げる

常に外にさらされている外壁。雨風や紫外線を直で受けているため、年数が経つと色褪せや塗膜の汚れ、ひび割れなど劣化が見られます。外壁塗装は、塗料を塗るだけでなく劣化した外壁を補修することから始めます。補修をした上で塗料を塗るので、傷んでいた箇所でも綺麗になり、新築同然の美しい仕上がりになります。

②建物の耐久性を上げる

定期的なメンテナンスは建物の耐久性を上げます。塗料を塗って塗膜を作ることで、雨風や紫外線から建物を守り、傷みにくい外壁になります。また、どんな建物にとっても大敵となる水の侵入を防ぎ、外壁を保護するためにも適切な塗装は欠かせません。

塗料別の耐用年数

外壁塗装をする一般的な時期とメリットは上述の通りです。ですが、10年に1度というのはあくまでも一般的な目安。使われている塗料や劣化状況によって塗装の時期は異なるため、注意が必要です。

塗料別の耐用年数を見てみましょう。

アクリル塗料(耐用年数:5〜7年)
ウレタン塗料(耐用年数:8〜10年)
シリコン塗料(耐用年数:7〜15年)
光触媒塗料(耐用年数:10〜15年)
ラジカル塗料(耐用年数:12〜15年)
ピュアアクリル塗料(耐用年数:12〜15年)
フッ素系塗料(耐用年数:15〜20年)
遮熱系塗料(耐用年数:15〜20年)

このように比較すると、塗料によって耐用年数が異なることが分かりますね。外壁塗装といっても、アクリル塗料で塗装された外壁の場合と遮熱系塗料で塗装された外壁の場合とでは塗装をしなければいけないタイミングが全く異なるということがお分かりいただけるでしょう。
自宅に使われている塗料の塗り替え時期はいつ頃なのか、塗装を行う前に是非一度確認してみてくださいね。

劣化症状がある場合は要注意

一般的な目安、塗料別の目安に加えもう一つ、外壁塗装を行うタイミングの目安があります。それは外壁の劣化症状です。
経年に伴い劣化症状が現れるのは普通のこと。目で見てわかる劣化症状は、一般の人にとって最も判断しやすい外壁塗装のタイミングの目安と言えるでしょう。ただし、劣化症状といってもさまざまなものがあり、何を見て判断すればよいのか分からない方も多くいらっしゃると思います。
そのような方のために、外壁塗装をおこなう方がよい外壁の劣化状況をお伝えいたします。

色褪せ

外壁は常に雨風や紫外線にさらされているため、当然色褪せます。しかし、新築時や前回の塗装後に比べて色褪せが著しいと感じた場合は、外壁塗装をご検討される目安としていただくとよいでしょう。

チョーキング

外壁に触れた際に、手に粉がついてしまった経験はありませんか?実はこの現象は「チョーキング」といって、劣化した塗料が外壁表面に現れているのです。したがって、チョーキングは塗料が劣化しているという証拠。劣化状況が進まないうちに塗装を行うことをおすすめいたします。

塗料の膨れ・剥離

外壁の塗膜が膨れていたり、剥がれているのも塗膜が劣化している証拠。この状態を放置しておくと、雨水の侵入やひび割れなど、更なる症状を引き起こしてしまいます。

ひび割れ(クラック)

外壁のひび割れは、見てすぐに分かる劣化症状ですね。外壁のひび割れは、クラックともいいます。幅が0.3mm以下のものを髪の毛に例えてヘアークラック、0.3mm以上のものを構造クラックといいます。ヘアークラックの場合はコーキングや塗装によって補修が可能です。しかし、構造クラックの場合は建物の内部にまでひび割れが及んでいるため、早急なメンテナンスが必要となります。

シーリングの剥がれ・割れ

シーリングとは、建物の壁の継ぎ目にゴムのように打設してあるもののことです。主に防水の役割を果たしており、このシーリングの剥がれや割れを放置すると、シーリング部分から徐々に建物内部に水が回り、壁の下地などを腐らせてしまって最悪の場合は下地部分からやり直し、壁を張り替えるということになってしまいます。

まとめ

以上のように、外壁の劣化症状にはさまざまなものがあります。お心当たりのある方はぜひ一度、我が家の外壁をご確認してみてくださいね。いずれの症状も塗膜の劣化を表すものですので、なるべく早めのご対応をおすすめいたします。症状が軽いものだからといって放っておいてしまうと、その間にも外壁の劣化はどんどん進んでいってしまいます。ギリギリまで放置し続けてしまい、修繕費用が高額になってしまうといったケースも残念ながらよくあるのです。

塗料の種類や外壁の劣化症状によって、塗装を行うタイミングは異なるということがお分かりいただけましたでしょうか?一般的な10年に1度という目安に加えて、以上のような判断材料も交えた上で、ご自宅の適切な塗り替えのタイミングをご判断くださいね。

ご自身での判断が難しい場合、上記のような劣化症状を見つけられた場合など、塗装に関するご相談・お問い合わせにつきましては、お気軽に塗装のプロ、ハウストゥカラーに外壁診断をお任せください!

施工対応エリア

愛知県春日井市を中心に愛知県全域対応!

春日井市を中心に名古屋市・豊橋市・岡崎市・一宮市・瀬戸市・半田市・豊川市・津島市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・新城市・東海市・大府市・知多市・知立市・尾張旭市・高浜市・岩倉市・豊明市・日進市・田原市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・みよし市・あま市・長久手市・愛知郡東郷町・西春日井郡豊山町・丹羽郡・海部郡・知多郡・額田郡・北設楽郡

ハウストゥカラーの外壁塗装は春日井市を中心に愛知県全域対応可能

お問い合わせ

相見積もり大歓迎!
現地調査・お見積もりは無料!!

塗装工事に関することでハウストゥカラーに興味を持たれましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。
お客様に喜んで頂ける事を第一に、ご依頼頂いた塗装工事の一つ一つに真心を尽くします。

外壁塗装で絶対に失敗しないための小冊子プレゼント
春日井市での外壁塗装のLINEでの問い合わせ・カラーシミュレーション依頼はこちら 春日井市での外壁塗装の電話問い合わせ・ご相談は0800-222-2987 春日井市での外壁塗装のメール問い合わせは24時間受付中